• mountaincollective
    • snow japan
    • HAKUBAVALLEY
  • 2016-2017スタッフ募集
  • ホーム
  • お問合せ

索道安全報告書

1.利用者の皆様へ

平素は白馬五竜スキー場いいもりをご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。
弊社は、経営理念の第一に安全の確保を掲げ、法令の遵守とともに安全輸送に努めております。
本報告書は、鉄道事業法に基づき、輸送の安全確保のための取組や安全の実態について、自ら振
り返るとともに広くご理解いただくために公表するものです。
皆様からの声を輸送の安全に役立てたく、積極的なご意見を頂戴できれば幸いです。

株式会社 大 糸
代表取締役社長 太田具英


2.基本方針と安全目標

(1) 基本方針

弊社の経営理念の第一は、安全の確保です。社長、役員及び従業員に周知・徹底しております。
  • 1. 一致団結して輸送の安全の確保
  • 2. 輸送の安全に関する法令及び関連する規程をよく理解するとともに、これを遵守し、厳正、忠実に職務を遂行する
  • 3. 常に輸送の安全に関する状況を理解する
  • 4. 職務の実態にあたり、推測に頼らず確認の励行に務め、疑義のある時は最も安全と思われる取扱いをする
  • 5. 事故・災害等が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、すみやかに安全適切な処置を行う。
  • 6. 情報の漏れのないよう迅速、正確に伝える
  • 7. 7常に問題意識を持ち、必要な変革に取り組む

(2) 安全目標

今年度は、ご利用の皆様のご協力により索道事故はございませんでした。引き続き、目標達成
に向け安全の確保に努めます。
次の目標を掲げます。

平成27年度 安全目標
「索道運転事故発生0件」


3.事故等の発生状況とその再発防止処置

(1) 索道運転事故(索道人身傷害事故)

平成27年2月21日 14時55分
第2リフト 発生時速度1.6 m/s
定員4名の搬器に親子4名で乗車中、第8号~第9号支柱間でセイフティーバーを前もって上げた後、しばらくして子供(9才 女性)が約4.5 m下の雪面に落下した。他の乗客より山頂係員に報告を受け、係員と家族が救助に行き、倒れているのを確認、腰が痛いと言っていたのでパトロールにより下山、対応後病院へ搬送し検査を受けたが負傷等は無かった。

(2) 災害(地震や暴風雨、豪雪など)

平成26年度、災害による運転停止はありません。

(3) インシデント(事故の兆候)

平成26年度、国土交通省へのインシデント報告はありません。

(4) 行政指導等

平成26年度、国土交通省からの行政指導等はありません。

4.輸送の安全確保のための取組み

(1) 従業員教育

弊社では輸送や皆様の安全に役立つよう、シーズン営業開始前に又、シーズン中に施設及び取扱いについて安全教育、リフトに従事する際の機器の取扱いと運行手順・接遇等を研修しています。また、メーカー主催のテクニカルセミナー、索道協会主催の研修会やサービス向上セミナーに参加し、索道技術とサービス向上に努めています。外部での研修会や社内研修会において、従業員教育の向上を目指し、シーズン中も定期的に教育訓練を行っていきたいと思います。

(2) 緊急時対応訓練

毎年、シーズン営業開始前に従業員一同にて又、シーズン中に救助訓練を実施しています。リフトが停止した状況を想定し、救助用具を使い、搬器から乗客を降下させる為の救助訓練を実施しています。また、予備原動機装置についても機器操作講習を実施しています。

(3) 安全のための投資

毎年、索道技術管理者から設備の改善・改修事項が提出され、検討したうえで設備の修繕計画をたて、安全の維持・向上のため、施設の修繕を行っております。

以下は、今年度実施した主な設備投資事項です。
‧ 第一高速ペアリフト: 握索機3台更新
‧ 第二リフト: 山頂板台張替及びスロープ角度修繕、緊張ユニットOH
‧ 第三クワッドリフト: 握索機3台更新、支柱索受OH、ベベルギヤ速度同調装置OH、押送駆動軸OH‧ 第六ペアリフトA線: 風速計増設
‧ 第六ペアリフトB線: 制動機油圧ユニットOH、支柱索受OH
‧ 全リフト点検整備を実施

5.安全管理体制

社長をトップとする安全管理組織を構築し、各責任者の責務を明確にしています。
また、毎シーズンヒヤリ・ハット報告制度を導入、今シーズンは朝礼又は終礼時にリスクアセスメント
活動を取り入れ日々の業務に反映させています。

組織図

組織図

役職と役割

代表取締役 輸送の安全の確保に関する最終的な責任を負う。
スキー場事業部所長
安全統括管理者
索道事業の輸送の安全の確保に関する業務を統括する。
ゲレンデ管理
グループ支配人
安全統括管理者の指揮の下、輸送の安全について指示を出す。
索道技術管理者 安全統括管理者及び支配人の指揮の下、索道の運行管理、索道施設の保守管理、その他技術上の事項に関する業務を統括管理する。
索道技術管理員
索道主任
索道技術管理者の指揮の下、索道技術管理者の行う業務を補助する。

6.利用者の皆様へのお願い

コース外は雪崩が発生しやすい急峻な地形もございます。ゲレンデマップを参考に、コース外には出ない様にお気を付け下さい。

《リフト乗車中の注意事項及びお願い》

  • 1. リフト乗車・降車時は係員の指示に従ってご利用をお願いします。
  • 2. イスにしっかりとつかまって、揺らさないでください。
  • 3. イスから飛び降りたりしないでください。
  • 4. リフト乗車中は禁煙です
  • 5. リフトの乗り降りに不安な方は、遠慮なく係員にお申し出ください。
  • 6. 衣類、リュック、携帯品等の紐が搬器に(椅子)に引っかかる場合があり大変危険です。リフトから降りる際は十分にお気を付け下さい。
  • 7. スノーボーダーはリーシュコード(流れ止め)をつけ、ハイバックをたたんでご乗車ください。

7.連絡先

安全報告書へのご感想、弊社の安全への取組みに対するご意見をお聞かせ下さい。
〒399-9211
長野県北安曇郡白馬村大字神城26092
株式会社 大糸 リゾート事業部
TEL0261-75-2636 FAX0261-75-2968
www.oito.co.jp/iimori/
e-mail iimori@oito.co.jp

ゲレンデ情報

2/ 22

  • 積雪量:130cm
    昨日からの新雪0cm
  • 天候:晴れ
    とても良いお天気です。滑走日和はスピードをコントロールして楽しみましょう。
  • 滑走状況:全面滑走
    パウダー圧雪
  • 全リフト営業、全面滑走可能です。
    良いお天気、滑走日和です。

    アドベンチャーコースはコース安全確認が出来次第オープン。
    ※状況によってオープンできない場合があります。


    【営業時間】
    8:00~16:50

駐車場状況

P1 P2 P3 P4 P5
【○】空いてます 【△】空き有り 【×】空き無し
  • おススメイベント情報
  • ファミリーで楽しむプラン
  • ゲレンデアクセス動画